ベビー用品のことならたまひよショップにお任せ!

産前産後のためのパジャマ

妊婦

おすすめの選び方

産前や産後は、お腹の大きさや授乳に備えて楽に身動きができるマタニティパジャマがおすすめです。マタニティパジャマは妊娠初期から使っていくこともでき、体を締め付けないゆったりサイズが特徴なため、睡眠を妨げません。最近では、かわいい柄や部屋着として使っていけるデザインもたくさん用意されているので、選びやすくなっています。マタニティパジャマを選んでいくうえで意識したいのが、冷え対策としての機能を見るようにします。産前や産後はお腹の赤ちゃんや母体のためにも、体を冷やしてはいけません。そういった意味でも、マタニティパジャマの基本は丈がロングであることと、ズボンやスパッツをその下にはいていけばお腹や足を冷やしません。ズボンやスパッツはお腹周りが調節できるものがよく、ゆったりしたタイプがはき心地を良くしてくれます。そして、授乳をするときのために、前開きまたは授乳口がついているものが適しています。出産後は、夜中に授乳をすることもあるので、マタニティパジャマを着たまますぐに授乳ができるような工夫があると楽になります。赤ちゃんやデリケートな肌に優しい綿素材であるのはもちろんのこと、大きめのポケットが左右についているものも何かと便利です。マタニティパジャマは、特に産後に備えて洗い替えのために複数枚用意する必要があります。産院で入院するときにも使えるので、楽に着替えられるものであるかどうかもマタニティパジャマを選ぶうえでは大切なポイントとなります。