ベビー用品のことならたまひよショップにお任せ!

機能性を重視して選ぶこと

ベビーシューズ

履かせてみるのが安心

赤ちゃんが初めて履く靴はファーストシューズと呼ばれていますが、まだ歩かない時期に記念として贈ることが多いです。そのために、機能性を重視するのではなく見た目のかわいらしさやデザイン性の高いものが好まれます。しかし、1歳を過ぎて歩き始めたときに履く子供シューズは、選び方にも気を付ける必要があります。見た目やデザインだけでなく、機能性や安全性をしっかりと見る必要があるのです。子供シューズは主にサイズで分けられていますが、同じサイズであっても靴により幅や甲の厚みは異なっています。1歳を過ぎると、足の形もだんだんとしっかりしてきて、子供によってそれぞれタイプが分かれてきます。人気がある子供シューズだからといって安易に選ぶのではなく、履かせてみて足に合った形かどうかを確認するといいでしょう。歩き初めの頃は、まだ足首がしっかりしておらず、歩き方が不安定になりがちです。そのために、子供シューズは足全体をしっかりホールドしてくれて、且つ歩きやすい機能を持たせたシューズがいいでしょう。例えば、つま先が上がっているものは蹴りだしがしやすくなります。足指の付け根部分がやわらかく曲がるものは、足指の動きを妨げずに履くことが出来ます。またスポーツメーカーの子供シューズは衝撃吸収性が高いものが多く作られています。現代は土の地面が減り、コンクリートやアスファルトのような硬い地面が増えています。少しでも負担を減らすためには、こういった衝撃吸収性の高い子供シューズを選ぶといいでしょう。このようにさまざまな機能性を持たせた子供シューズですが、もちろんデザイン性に優れたものも数多く出ています。いろいろな靴を履き比べて、子供に合った1足を見つけてあげてください。