ベビー用品のことならたまひよショップにお任せ!

機能性を重視して選ぶこと

1歳を過ぎた子供が履く子供シューズは、見た目だけでなく機能性や安全性を重視する必要があります。足の形によりタイプは変わり、履かせてみて確認するようにします。初めは歩き方も不安定なので、歩きやすいよう工夫されているものがいいでしょう。また衝撃吸収性の良いものを選ぶと硬い地面でも安心です。

紫外線からの保護

赤ちゃんの肌は紫外線の影響を受けやすいので、衣服で保護することが大事とされています。衣服での保護が難しい部位には、低刺激で肌に優しい日焼け止めを使用します。SPFやPAなどの低い日焼け止めや、赤ちゃん用の日焼け止めは、低刺激と言えます。ただしいずれも、最初にパッチテストをおこなうことが肝心です。

産前産後のためのパジャマ

産前産後は体の変化も大きくなり、授乳をする必要もあることからマタニティパジャマの着用がおすすめです。マタニティパジャマはロング丈の上着と、下半身を冷やさないためにもズボンやスパッツがセットになっているものがあります。これを着ていけば、授乳も楽になり、体を締め付けないのでゆっくりと寝られます。

月齢に合わせたアイテムを

母と子

成長に合わせたアイテムを

お腹の中で急激な成長を続けてきた赤ちゃんですが、生まれてからもその成長は続きますので、洋服や消耗品などのアイテムを時期に合わせて購入しなければいけません。もしも、時期に合わせたアイテムを完璧に要したいと考えているのなら、たまひよショップのお世話になりましょう。こちらのお店は実際の店舗ではなく、オンライン上のショップなので、赤ちゃんから目を離せない状況の方でも便利に買い物ができます。たまひよショップの凄いところは、年齢ではなく月齢別でコンテンツが用意されていることでしょう。そのため、生後0ヶ月から11ヶ月まで詳しい情報が1ヶ月単位で事細かに紹介されていて、そのときに必要なアイテムを的確に購入できるようになっています。しかも、そのコンテンツの中にはお役立ちミニ百科があり、赤ちゃんの特徴やワンポイントアドバイスが掲載されています。そちらは子育ての不安を解消してくれる内容のため、たまひよショップを利用するのなら目を通しておきましょう。そして、たまひよショップのアイテムはオンライン上だけではなく、無料でもらえるカタログを利用しての購入もできます。赤ちゃんの世話をしながら、じっくりパソコンモニターを見るのは大変な方もいるでしょうから、色々と融通の利く紙のカタログを請求してみてはいかがでしょう。なお、たまひよショップにある申し込みページを利用すれば、ベビー用やキッズ用の最新カタログを簡単に請求できます。